ETCカード初心者講座

ETCカードはお得がたくさん!どこでつくれば一番いいのでしょうか?

25 3月

ETCカードとETC専用カードの両者の違い

Posted in 作成時 on 25.03.14 by Merlyn

ETCカードと一口に言っても、たくさんの提携カードがあり、ETC専用カードとの違いさえわからなくなってしまうほどです。

両者の違いについてお話ししましょう。

■ETC専用カードは高速道路でしか使えない。

相談者の問いにあるように、ETCカードには「ETCカード」と「ETC専用カード」の2種類があります。

ETCカードとは一体型カードなどと呼ばれているもので、たとえばスーパーマーケットや通販の買い物にも使えるものです。

ショッピングカード、クレジットカード会社がETCカードと提携しているカードです。

高速道路料金所で使え、ショッピングにも使えます。

ETC専用カードとは、ネクスコ東日本、中日本、西日本の3社の日本高速道路株式会社が直接発行しているETCカードのことで、高速道路料金所でしか使えません。

■提携したETCカードのメリット・デメリット。

ショッピングカードと提携しているETCカードならショッピングに使えて便利というメリットがある反面、種類がありすぎてカードが増えてしまう。

ETC車載器に差し込んだままにできないといった点がデメリットにもなります。

また提携カードでETC専用レーンを使ったとしても、ポイントやマイレージの合算はできないので注意が必要です。

■ETCカードはどちらのタイプを選ぶにしても、使用頻度を考えて無駄のない入会申込みをすべきです。

せっかくETCカードをつくったのに、いつも行くスーパーのショッピングに使えない、高速道路の利用頻度が少ないというのでは意味がありません。

日常使い、ライフスタイルをよく思い起こして、どちらのタイプのETCカードがトクかを割り出しましょう。

カードが増えすぎると管理しきれずに無駄になったり盗難にあったりする機会も増えます。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.